産後の胸をキープする方法3選!産後のバストの変化を知りたい!

「妊娠して大きくなったバストを今のままキープできたら…♪」

「授乳後バストがしぼんでしまった!」

と願ったり、悩んだりするのはあなただけではありません。

妊娠から産後までの間、女性の身体は様々な変化が起こります。

ここでは産後のバストの変化する原因を知りや美バストをキープするバストケア方法をご紹介します。

 

なぜ産後、胸は垂れるか?!原因は?

産後のママを対象にSNSで行ったアンケートによると95%のママが出産前のバストに戻りたいと思っています。

 

「以前より胸が小さくなった」・・・51%

「しぼんで垂れた」・・・37%

「乳首の色が変わった」・・・9%

 

産後のバストの垂れに気が付いたときはショックですが、ほとんどのママが同じように悩んでいると知り、少し安心しますね。

 

では、どうして産後のバストが変化するか原因をみていきましょう!

クーパー靭帯が伸びる

バストは主に脂肪で出来ていて、クーパー靭帯と呼ばれる組織で吊り上げられている。妊娠中に大きくなったバストの重みでクーパー靭帯が伸びると胸が垂れたり、形が崩れたりする。

特に授乳後もカップ付きキャミソールやホールド力の弱いノンワイヤーブラジャーで長時間過ごしていると、クーパー靭帯の伸びが原因でバストが垂れやすくなってしまうかも。

また、授乳中は赤ちゃんにバストを引っ張られてクーパー靭帯がのびてしまうこともあるので、赤ちゃんの顔を近づけてあげるようにすると、バストの下垂は防げる。

皮膚が伸びる

妊娠中から授乳中のバストはホルモンバランスの変化で平均して1~3カップ大きくなるといわれています。

授乳を終えると、バストの大きさは元に戻るため、一度大きくなったバストが急激にサイズが変化すると、皮膚が余ってハリがなくなシワシワバストに。

生活習慣の乱れ

産後は慣れない子育ての影響でストレスが溜まったり、睡眠不足にもなりやすいですよね。

その影響から血行が悪くなったり、ホルモンの分泌が妨げられたりすると、ハリのあるバストをキープしにくくなってしまう。

 

母乳育児とバスト

母乳育児のせいで胸が垂れたとか、胸の形が悪くなったなど、母乳を飲ませることがバストにとってマイナスなイメージがあるかもしれませんが、母乳を飲ませることがわるいというわけではありません。

 

母乳をあげても胸の形をキープせるためのポイントとして、

  • バストケアは左右平等に行う
  • 左右の胸からバランスよく授乳する
  • 乳首が伸びた状態のままであげない
  • 胸に合ったサイズや形、サポート機能のあるブラジャーをつける

上記のことに気を付けながら授乳するだけでも、バスト専用エステに通わなくてもバストをある程度キープすることができる。

ミルクで赤ちゃんを育てているとしても、何もケアしないと胸が垂れることはあるので油断禁物ですね。

 

バストをキープする方法3選

子育て中でも無理なくできるエクササイズ

ボリュームダウンした胸や垂れた胸を戻したいなら、バストの土台となる大胸筋を鍛えることが効果的

大胸筋はバストの土台になっている筋肉で、脂肪などを支える役割を担っています。大胸筋を鍛えると、下垂を予防できるうえに、胸に厚みが出てバストアップの成功の期待できる。

 

バストの下垂を防ぐエクササイズ

①胸の前で左右の手のひらを合わせ、ヒジと平行にする

②手のひらを押し合いながら、ゆっくりヒジを上にあげていきます

③そして、ゆっくりと元の位置へ戻します

 

背中の筋肉の緊張を緩め、姿勢を正すエクササイズ

①両手を背中の後ろで握り、手をつなぐ

②その状態でヒジを伸ばす

このとき左右の肩甲骨を近づけるように意識すると効果がたかまる

 

 

マッサージ

マッサージをすることのよってリンパや血流の流れが良くなりますので、ホルモンバランスを整え、細胞も活性化するのでバストのハリを取り戻す効果が高まります。

 

鎖骨周りのマッサージ

①鎖骨のリンパが滞りやすいので、人差し指、中指、薬指の三本で、イタ気持ちい強さで、小さな円を描くようにくるくるとマッサージ

②鎖骨からみぞおちにかけて、三本の指でさすりおろす。

③背中のお肉を胸に集めるイメージで流す。

 

美バスト習慣を意識する

クーパー靭帯は一度伸びてしまうと元に戻すのは難しいため、産後に垂れた胸を自力で戻すのは簡単ではありません。

日頃から美バスト習慣を意識して、胸の下垂を予防して美バストをキープすることが大切。

 

授乳やおむつ替えは正しい姿勢で

産後は授乳やおむつ替えで前かがみの姿勢が増え、猫背になりがち。姿勢が崩れると、血行やリンパの流れが悪くなり、バストに栄養が届かなくなり、ハリを失う原因に。

常に正しい姿勢を意識し、授乳やおむつ替えは骨盤を立てて背筋を伸ばした姿勢で行うと、ハリの低下を予防できます。

 

抱っこひもやママバッグでバストを潰さない

産後はは抱っこひもやママバッグで胸が押し付けられたり、脇のリンパを締め付けられたりして、クーパー靭帯が伸びてしまい、バストに悪影響が及びやすい。

ママバッグの中は荷物も多く大変ですが、持つときは出来るだけ胸や脇を圧迫しないように注意しましょう。

 

まとめ

妊娠~授乳後で胸の大きさはの変化は少なからず、起こることですが、ちょっとした習慣でキープすることも可能。

少しずつ続けること、意識して生活することで、産後も自分のバストが好きでいられたらすてきですね!

 

 

 

あなたの応援クリックが励みになります!


ボディケアランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村