骨格ストレートはバージスラインがせまい?骨格タイプ別、似合うブラジャーの選び方

「最近バストの垂れが気になる!」「好きな洋服を着ても、イマイチきまらない」など、バストの悩みはつきないですよね?!

 

その原因のひとつは体型、骨格にあるかもしれません。

生まれ持った元々のあなたの体形を知り、骨格によって似合うブラの形を知ること、

生活の中で取り入れられる改善法をお伝えします。

 

骨格診断であなたの体形を知る!

最近ネットなどでよく目にする骨格診断ってご存知ですか??

まずは骨格診断で骨格タイプを把握して、あなたの胸の形を知ることから始めましょう。

 

 

バスト バスト バスト
胸元に厚さがある

バストトップが高め

バストの円隔は狭い

 

胸元が薄い

バストトップが低め

胸に厚みは個人差あり

バストの円隔は広い

アンダーバスト アンダーバスト アンダーバスト
アンダーバストは高め アンダーバストは低め 中間
ウエスト ウエスト ウエスト
骨盤位置が高い

ウエストエリアが低め

骨盤位置が低い

ウエストエリアが長め

ウエストエリアの長さは平均的
ヒップ ヒップ ヒップ
位置が高い

バストトップが高め

豊かなボリューム

位置が低い

平たくなだらか

位置やボリュームは個人差がある

出典:骨格診断 | Chut! INTIMATES[シュット!インティメイツ] |

 

 

バージスラインは見た目を左右する!

バージスラインとは、お腹とバストの境界線のこと。

バストの美しさはバージスラインで決まる!と言われるくらい重要なんです。

バストのトップやアンダーのサイズが同じでもバージスラインが広いのか狭いのかで見た目の印象は大きく変わってきます。

輪郭がぼやけてしまうと、バスト全体の形が崩れて老けてみえてしまいがち。

バージスラインが広いとバストが横に伸び、厚みが薄くなり、平面的なバストに見えてしまう。

バージスラインが狭いと立体的なバストになりやすい。

 

骨格別ブラジャーの選び方

 

胸板が薄く平たい《ウェーブタイプ》

上半身が平たく比較的横幅があるため、バージスラインが広めで、横から見た時胸の立体感が少なめ。

もともと胸の位置が低くて、柔らかい肌質でバストラインが重力に負けやすいため、胸が小さくみえやすい。

 

骨格ウェーブさんに合うブラは?

胸を下から持ち上げてくれるパッド入りが、カップがパカパカとうきやすいウェーブ体型のあなたにはおすすめ。

バージスラインに沿う広めのワイヤー幅のブラで胸をしっかり収めて。

サイドベルトのフチにテープがないものを選ぶと柔らかい肌質にも食い込みにくい。

 

胸板が集めで丸い《ストレートタイプ》

もともと胸の位置が高く、弾力があり自立しやすい肌質なので胸が目立ちやすい。

上半身に厚みがあり横幅が狭いためバージスラインも狭め。

断面が立体的で丸い胴体に胸がついているためトップの向きが外側に開きがち。

 

骨格ストレートさんに合うブラは?

胸が目立ちやすく、太ってみえてしまうことのあるストレートタイプ。

パッドが控えめで、胸を強調させないスッキリと魅せるブラがオススメ。

狭めのバージスラインに沿った、広すぎないワイヤーで立体感のあるをカップのブラで、広がりやすい胸をしっかりホールドし、前をむかせる。

脇肉を寄せてスッキリタイトにまとめれば、クビレができにくいストレートさんだけど、すっきりみえます。

 

 

関節が目立つ《ナチュラルタイプ》

バージスラインが広いため、ブラのワイヤーが当たって痛くなってしまうことも。

骨やスジが見えやすく、いかり肩の人が多く、胸は目立ちにくい。

肌質や胸の高さには個人差がある。

 

骨格ナチュラルさんに合うブラは??

着用時の不快感を減らすコツは、広いバージスラインに合わせて横幅が広くカーブがゆったりしたワイヤーで、立体感にムリのないブラを選ぶ。

カーブがゆるやかなL字ワイヤーブラは胸の中央に当りにくいし、キレイな谷間に。

 

 

美しいバージスラインを作るには

 

1.姿勢

あなたがパソコンやスマホを見るときの姿勢はどうなっていますか?

背中が丸くなり猫背の姿勢になりやすいし、長時間その姿勢ですごしていませんか。

猫背など体に負担のかかる姿勢は、骨格の歪みや血行不良を引き起こし、栄養がバストに行き渡らず、バストの下垂や型崩れの原因となる。

それがつづくと大胸筋が硬くなり、バストが下垂してしまうだけでなく、胸を張った正しい姿勢をするのが苦しくおもえたり。

長時間猫背の姿勢になることはさけ、肩甲骨を寄せて背骨をまっすぐにした正しい姿勢を意識する。

 

2.下着選び

体に合わない下着を着続けることは、バストの垂れを引き起こしてしまうため、

バージスラインに合ったブラジャーを選んで着用することはバージスラインのためにはとても大事なこと。

姿勢やマッサージ、筋トレで整えたバージスラインをブラジャーでしっかり維持することで、メリハリのあるバージスラインを定着させる。

 

同じサイズでもメーカーによっても違うので、試着をしてみるのが最もかんたんでおすすめです!

 

 

3.マッサージ・筋トレ

バストのためにとても効果的なことは、マッサージでバスト周りのリンパの流れを促してあげること。

バスト全体の血行が改善することでバストへ栄養が行き渡り、バージスラインがくっきりとしたハリのある立体的なバストへと導きます。

さらに胸の筋肉を鍛える筋トレを行うことで、バストをしっかりと支えることができ、バージスラインにメリハリが出てくる。

 

 

 

まとめ

理想のバストを手に入れるには、まずはあなたのタイプを知ることからスタート、そして、最適なケアをしてあげることがとても大切。

毎日続けることで大きな差がつくので、理想のバストを思い描きながら、頑張りましょう!

 

 

あなたの応援クリックが励みになります!


ボディケアランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村