妊娠後、バスト大きくなる?小さくなる?バストの変化のしかた

妊娠すると普段以上に細かな体の変化に敏感になってしまうもの。

これって私だけかも?!こんなにバストが変わった!など不安になってしまうのもわかります。

妊娠してからの胸の変化とそれを維持するための予防対策について見てみましょう。

サイズ、形はどのくらい変化する?

妊娠初期

妊娠初期はエストロゲンやプロゲステロンというホルモンの分泌が多くなるため胸の張りや痛みがある方も。

妊娠初期の胸の変化は授乳のためではなく、妊娠によって分泌されるホルモンの影響で、胸の痛みを全く感じないひともいれば、胸の張りが痛かったという人もいて、ジンジン、チクチクなど痛みの感じ方もそれぞれ。

妊娠前に使っていたワイヤー入りのブラジャーではなく、ノンワイヤーのものやブラトップなどで胸の締め付けを和らげる。

妊娠中期以降

妊娠中期以降は胸が張ったり、大きくなったり、授乳にむけての準備に入ります。

胸の変化は妊娠のたびに違い、上の子がいるママは一人目の時はよく胸が張ったけど二人目ではあまり張らないなど、胸の変化には個人差があり、大きくなる時期も人それぞれです。

胸が大きくなる

授乳にむけ乳腺が発達しているためで、中には2~3サイズくらいアップしたという人も。

妊娠前とあまり変わらない人のいますが、胸の大きさで母乳の分泌量に差が出るわけではないので安心して。

毛深くなる

妊娠すると乳輪まわりに生えている毛がホルモンの影響で濃くなったり、増えたりすることがある。

出産すると元に戻ることが多いのであまり気にしすぎなくて大丈夫。

毛を剃ったりすると濃くなってしまったり、皮膚を傷つけてしまうこともあるので、やめておきましょう。

 

乳首が黒くなる

妊娠すると乳首の色が濃くなり、乳首や乳輪のサイズも大きくなる。

女性ホルモンの影響と言われていますが、生まれて間もないあかちゃんは視力が弱いため、ママのおっぱいを見つけやすいようにするためともいわれています。

一時的なものなので、産後しばらくすると元に戻ることが多いのでそんなに心配することもなさそうです。

 

 

授乳後のバストの変化

 

出産後は乳腺の活動が活発になり、母乳が蓄えられ胸の重さが重くなります。

授乳から断乳までの約1年間で胸はだんだんと小さくなり元の大きさに戻る。

妊娠期→横に広がるようになってやや下垂

授乳期→重くなりさらに下垂

 

重力のしたがって胸が重くなった分、乳房の組織を支える役割をしているクーパー靭帯が伸びてしまう。胸の容量が大きくなったことで、胸の皮膚も伸びる。

授乳期が終わって胸のサイズがだんだんと小さくなっていくと、クーパー靭帯のゆるみと皮膚のたるみがのこってしまう。

その結果出産後は胸のハリがなくなり、大きさはしぼみ、皮膚のしわとたるみ、下垂がみられるようになる。

 

胸がしぼむ前に!おすすめの予防対策

 

胸は、一度下垂してしまうと完全に元に戻ることは難しくなるため、

垂れないように予防することが一番の近道!

筋力低下させない、姿勢をよくする

妊娠、出産後は自分の時間が取りづらいため運動不足になりがちで、筋力も落ちやすい。

また大きくなり、重くなった胸の影響や、赤ちゃんを抱っこするため姿勢も猫背になりやすい。

筋力は足や体幹の筋肉から落ちていくので、日頃からできるだけ歩く時間を作るなどして下肢や体幹の筋力の低下に気をつけることが大切。

体幹の筋肉が落ちると、骨盤を起こして身体を支えることがつらくなるので、猫背になりやすくなる。

猫背から背中が丸くなり、胸も下垂しやすくなるので、背筋を伸ばして良い姿勢をキープできるように意識する。

胸の大胸筋を鍛えることも胸が開いて姿勢が良くなることにつながります。

歩くとき、背筋を伸ばして腕を後ろに引くようにし、足はしっかり地面をとらえてつま先で蹴りだして歩きましょう

エレベーターではなく階段を使うなど日常で出来ることから少しづつ始めることが大事。

バストアップのための栄養素を摂取する

マッサージやエクササイズなど、身体を動かすということはバストアップ効果がありますが、栄養素を意識して摂ることでさらに効果的を実感できます。

  • タンパク質→豆腐、納豆、卵、乳製品、鶏肉など
  • ビタミンA→ほうれん草、にんじん、レバー、イカなど
  • ビタミンE→落花生、大豆油、米ぬか油、いくらなど
  • イソフラボン→豆乳,味噌、納豆枝豆など
  • ボロン→ひじき、りんご、レーズン、キャベツなど

 

これらの栄養素をバランス良く摂取できるよう心がけてみましょう。

 

ストレスをためない

美しい胸を維持するためには女性ホルモンの分泌がとても大切で、ストレスをためることはその妨げになってしまいます。

年齢を重ねると減ってしまう女性ホルモンですが、減ってしまう原因は年齢だけではないのです。

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 過度なダイエット

 

など女性ホルモンの分泌を減らす原因となるため、ストレスをためないような生活を心がけてみましょう。

 

 

まとめ

妊娠してから自分でもびっくりするほどバストは変化します。

授乳が終わった時悲しい思いをしないように、妊娠中から少しずつ気を付けていきましょう。

どのように変わって、垂れるのをどう予防したらいいか知っていると安心ですね。

 

あなたの応援クリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ボディケアランキング